知っておきたい!子どもの名前を考えるときのポイント

子どもの名付けは基本的に自由!

これから産まれてくる子どもに、いったいどんな名前を付けたらいいのかと悩む方も案外多いでしょう。その名前で自分の子どもが一生を過ごすということを考えれば、誰だって悩むのが普通だと思います。法的なルールでは、常用漢字と人名用漢字、そして平仮名とカタカナという決められた範囲の文字を使用しているのであれば、どのような名前を付けても自由だとされています。ちなみに、名前の読み方や長さについても自由だとされており法的な制限はありません。

名前は、子どもが一生涯使うもの!

法的ルールさえ守れば自分の子どもにどのような名前と付けるのかは自由ですし、それは尊重されるべきでしょう。しかし一般的な常識をふまえた上で名前を決めたいという場合は、いくつかのポイントを抑えておくと役に立ちます。そのポイントとしては、読みやすいことや、名前に使われている漢字が書きやすいことなどが挙げられます。さらに名前は、その子どもが一生涯使うものですから、さまざまな場面で使われるということを十分考えた上で決めることも必要でしょう。

子どもの名付けに迷ったらいろんな情報を参考にする!

自分の子どもにどんな名前を付けたらいいのか迷ったときは、赤ちゃんの命名についての書籍や、インターネット上の命名サイトなどを参考にしてみるのもよいでしょう。インターネット上の専門サイトでは、現在人気のある赤ちゃんの名前の紹介や、無料の姓名判断などを行っています。また、世間一般的に見て非常識な名前のことを指す、いわゆるDQNネームを紹介したサイトなどを参考にすると、どのような名前が非常識とされているのかということを事前に確認することができます。

姓名判断には様々な流派があります。旧字を使用するものと新漢字を使用するものなどありますし、漢字によって数え方も違うのでしっかり考えてから流派を選ぶことが大切です。